物忘れ外来

物忘れ

 

 物忘れは加齢に伴って起こることが多く、記憶力

が年齢とともに徐々に衰え始め、50歳~60歳頃

になると物忘れを自覚するようになります。日常生

活には問題はありませんが、人の名前を思い出せな

かったり、約束をうっかり忘れてしまったり、物を

置いた場所を忘れたりすることが多くなってきた状

態のことがあります。

 近年では、特にアルツハイマー型認知症は長い年月

をかけてゆっくり進行していっていることが明らかとなっ

ており、認知症の前段階といわれる軽度認知障害

MCI」という疾患概念も取り沙汰されています。

最近の高齢化に伴い軽度認知障害(MCI)は増加し、

65歳以上の4人に1人の割合にみられ、5年間で約50

%の人が認知症になると言われています。

 

 

1.このような症状があったらご相談ください

  • ものの名前が思い出せなくなった。
  • 物をなくしたり置き忘れたりするようになった。
  • 何度も同じことを言ったり、尋ねたりするようになった。
  • 慣れている場所で道に迷った。
  • 薬の管理ができなくなった。
  • 服装や身だしなみに気をかけなくなった。
  • 以前より怒りっぽくなった。
  • 簡単な計算の間違いをするようになった。
  • 人と会う日時を忘れるようになった。
  • 以前好きだったことや、趣味に対して興味が薄れた。
  • 鍋をこがしたり、水道を閉め忘れたりするようになった。
  • 話しの内容やドラマを理解できなくなった。
2.認知症の原因

認知症の原因には下記のようなものがあります。当院では、

問診、長谷川式簡易知能評価スケール(認知症のテスト 

HDS-R)頭部MRI、血液検査によって鑑別診断を行い

治療を行います。

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • ピック病
  • 代謝性疾患
  • 慢性硬膜下血腫
  • 正常圧水頭症
  • 脳腫瘍